読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

狐が風鈴を鳴らす

本 映画 音楽 その他諸々の雑感を書き連ねるブログ

ホワイト・ジャズ

暴力/腐敗/権力/政治/麻薬/密告/恐喝 言えることはひとつ。 エルロイはぶっ飛んでいる。 吐くのは保身のため、遠慮なく自らのために情報を売り流す。ここじゃあ誰彼だって俗に言う犯罪まがいのことはしているんだ。そんなところで我が身を大切にしなけ…

アンダーグラウンド 

テッテッテーテ・テッテッテーテ・テッテッテーテ・テッテッテーテブパパパブパパパブパパパブパパパテェレーンテェレーンテェレーンテェレーンテッテッテ…… 日常/戦争、響く音楽、踊れよ踊れ。ぼくらはみんな一生懸命。つまり喜劇。 あらすじ 1941年4月6日…

オデッセイ

マット・デイモンが全て マーク・ワトニー=マット・デイモン、になった時映画は完成した。 あらすじ NASAの有人火星探査計画、アレス3のクルーは大規模な砂嵐によって火星でのミッションを放棄。退避する途中、クルーのひとりマーク・ワトニーにアンテナが…

クロニクル・アラウンド・ザ・クロック

小説で音楽を扱うことは難しい。音は文字に置き換えることはできない。音楽をメインに据えるということはそれだけで水の中で息をしようとするようなものだろう。 『クロニクル・アラウンド・ザ・クロック』略してクロクロ。 あらすじ 幼稚で痛々しいわたしの…

コンドル(1975)

R・レッドフォード主演のポリティカルサスペンス。 これを面白いと思ったら大人。 あらすじ ジョセフ・ターナーはCIAの分析官。仕事は世界中で出版されている本や雑誌を読み、情報分析を行うこと。所属している第17部9課は、アメリカ文学史協会として表向き…

「コードネームU.N.C.L.E」と「キングスマン」

文芸座で二本立て上映されていた。 "U.N.C.L.E"は見逃していたので行くしかないと。 キングスマン あらすじ キングスマン。それは高級テイラーの名前。しかしそれは表向き、実はどんな国にも属さず、世界の平和を守り続けるスパイ組織だった…… 母の再婚相手…

アメリカ大陸のナチ文学

帯の背中に書いてある文句が「悪の輝きを放つ作家たち」。 悪の輝き、とはどんなものか。黒い光、それとも悪の意志を秘めて光ることか。輝くというより光を携えると言った方がいいのか。一体悪の輝きとは? あらすじ……といってもあらすじというあらすじがな…

フェルマータァァァァァァァァァァァァ!!!!!

指を鳴らしてみたり、メガネを指でクイッと押し上げたり、独自性を出し信号が赤になる瞬間に横断歩道を渡りきったり、足で5拍子のリズムをとってみたり、レシートを受け取るさいに絶対に小銭を重しに使わせないように努力してみたり。 ああ、ぼくもフェルマ…

グレン・グールドは語る、が何を言っているかぼくにはさっぱり

1974年8月15日発行のものと、次の8月29日、二号に渡ってローリング・ストーン誌に掲載されたグレン・グールドへのロングインタビュー記事に、補填や資料を加えた本。 グレン・グールドが自らの音楽、思想や理念をつまびらかに語るのですが……。 グレン・グー…

とりあえずの1週間

とりあえず続けられるだけブログを毎日書き続けてみようと思った。 こりゃ毎日書くのは思ったより大変だぁ。と1日延命措置を講じる卑怯なぼくちゃん。 てへぺろ。キャピーン。 さすがにこれだけではなんなので、スターウォーズエピソード7にでてきた冒頭の…

ワルシャワ・ゲットー

第二次世界大戦時、最大の受難者はユダヤ人だった。 彼らは排斥され、隔離され、処理された。ユダヤ人は人ではなく、羽虫のようにあっけなく命を散らしていった。奴隷以下の扱いを受け、そこを歩いていたから、という理由で殺されることはおかしくもなんとも…

深夜の人 結婚者の手記

日記や手紙、詩歌、随筆など集めて編纂した本。 素直で実直、だというのがぼくの室生犀星への印象。 彼の作品にでてくる人たちは、生きているというか鮮度が高いというか。自らの感情にいちいち理屈をつけたりしないところが好きだ。それにこの作品集は随筆…

モネ展

昨年9−12月にかけて催されていたモネ展。 こっそり参戦していたのだ。美術館で行われる企画展示はいかないこともないが、今回のモネのような芸術大家の展示は初めてである。無論美術にたいする知識は皆無! クロード・モネ フランスの画家。印象派の大家で19…

本棚

本の並べ方には人の個性がでるだろう。 他人の本棚を良く観察したことはないが、そんな機会はなかったが、そうだろうなと思う。自分の本棚を眺めると、己のテキトーさが見て取れる。 作者別とか出版社別とかジャンル別とか分け方には色々あるだろうが、ぼく…

正義と法の狭間で

浜尾四郎という推理小説家がいる。 推理小説家であると同時に犯罪小説家でもある。この二つは重なりやすいし、現に大抵の推理小説家は犯罪小説家である。この二つの違いは何か。推理と犯罪。推理小説は”謎”を解明する小説で、犯罪小説は”犯罪”を解剖する小説…

白痴という差別用語?

イディオッツ。酷評される一方絶賛されもする”映画”。 監督はラース・フォン・トリアー。 この作品はきりきりと胸が痛くなる。 あらすじ 本作は、すべてロケのみで行われ、カメラは手持ち、人工的な照明は禁止条件で撮影する“ドグマ95”という映画監督集団に…

ゴースト◯◯◯◯◯

ニューヨークの幻でもなく、バスターズでもない。 ”ハンターズ”だ。ゴーストバスターズのぱちもんかと思いきや全く違う。 むしろぼくはこのハンターズの方が数段面白く観れた。 監督はジョン・カーペンター。主演カート・ラッセルのアホ映画。 このゴースト…

ベン・ハー

見たいな、と思いながら中々踏み切れなかったのはその上映時間の長さの為。 何と222分というほぼ四時間という長さ。こんなの映画の長さじゃない。2時間を超える映画ですら最近は見る気がなくなってしまう僕にとってこの映画を見ることは磔刑を受けているみた…

マイ・ファニー・レディ

”007スペクター”か”フランス組曲”を見に行こうと思っていたが、そういえばボグダノビッチの最新作やってるじゃんと思い出し、ラブコメの気分に。とにかくバカみたいな映画をみたいという欲求がメラメラと湧いて出る。 かつてコールガールをしていたハリウッ…

バレエ・メカニック

あらすじ 造形家である木根原の娘・理沙は、九年前に海辺で溺れてから深昏睡状態にある。「五番めは?」―彼を追いかけてくる幻聴と、モーツァルトの楽曲。高速道路ではありえない津波に遭遇し、各所で七本肢の巨大蜘蛛が目撃されているとも知る。担当医師の龍…

また会う日まで

「トランクスとブラには、見覚えはあるけど」 「こいつも悲しいんでしょう」 「辞めて惜しい仕事じゃない」 「おれには息子がいる!」 一年が終わる。 今年読んだ本の中で、心を打った本は数多くあるが、その中でもとびきりなもの、ほのかに発光する、本の感…

りら荘事件

推理小説を最近読んでいないことに気がついた。じゃあ久しぶりに何か読んでみようと思って手に取ったのは鮎川哲也の”りら荘事件”。一気呵成に読みきりたかったから、時間が空くのを待っていたら読み始めるのに買ってから少し時間が空いてしまった。読み始め…

すべてがHになる

・ぼくの知らない世界 表参道。JR原宿駅近くから根津美術館の辺りまで伸びている。そこは主にファッション関係の店舗が多い。店舗名は欧米表記ばかり、現に外国のブランドが多数ある。それも表参道という場の雰囲気づくりに役立っているのだろう。 根津美…

インドとの距離の概算

最近バタバタしていて中々更新出来ずにいたけれど相変わらず本読んだり映画見たりはしています。 しかし今日はちょっと趣向を変え、旅行記的なものを。一年ほど前の旅行ですが。書く気になったのは今週の火曜、12/8付の日本経済新聞の一面見出し。 インドに…

流せよその涙、とデジモンは言った

観てきましたよ、デジモン。 面白かったです、がこの面白さが曲者で素直に受け入れていいものかどうか。 デジモン放映当時、ぼくは小学校低学年、そうまさに世代ぴったしなのです。”デジモンアドベンチャー”が放映したのが1999‐2000年だということで、そこか…

わたしの名前は……

ハイウェイを走る大きなトラックは橙色。ハイウェイの地平線の向こうは、空は蒼。 道路の脇には木々が疎らに居座っていて、その根元には肌に触れるとちくちくしそうな雑草が生えている。 鮮やかでありながらありふれた光景。 Agnes`bというファッションブラ…

聖なる怠け者の映画祭

大仰な名前を付けているが要するに見たい映画がいっぱいあるのでここしばらく映画館通いをしようということ。そう一人映画祭(えいがさい、でなくえいがまつり)である。ここにぼくの名を以て開会を、宣言する!どんどんぱふぱふー。 ラインナップは わたし…

ハーモニー(映画)

………………?????? どうしてこうなった? これは、恋愛映画になっている。 色々戸惑って正直わけわからないと思ったこの映画。 わからないのは改変した理由ではなく、動機です。何故そうしたかの根っこの部分がさっぱりわからんのです。 あらすじ 大災禍と…

ハーモニー

ユートピアであり、ディストピア 個を差し出して、得られた代替物は平穏と健康 「自分のカラダが、奴らの言葉に置き換えられていくなんて、そんなことに我慢できる……」 「わたしは、まっぴらよ」*1 ぼくにSFとは、を教えてくれた本。といってもSFにも多種多…

ルバイヤート

九重の空の広がりは虚無だ! 地の上の形もすべて虚無だ! たのしもうよ、生滅の宿にいる身だ、 ああ、一瞬のこの命とて虚無だ!*1 十一世紀ペルシアの詩人、オマル・ハイヤームは短い四行詩(ルバーイイ)で人生を歌い上げた。抒情的に簡潔に。難しいことは…

零式戦闘機

零式戦闘機、通称ゼロ戦。 その機体は日本の誇りと意地の結晶だった。 優れた性能を持ち第二次世界大戦で活躍した機体。 しかし次第に大国が迫ってくる。追い詰められる日本。 そして… ぼくにこの本を勧めてくれた人はこの本を絶賛していた。同時に”風立ちぬ…

カランダールの雪(東京国際映画祭にて)

六本木で行われている東京国際映画祭に行った。 東京国際映画祭といえば六本木ヒルズの印象が強いが、実は新宿でもやっている。 今回は新宿でやっていた「カランダールの雪」を見てきた。 トルコ=ハンガリー映画。客も国際色豊かだった。 あらすじ 険しい山…

もしもし

この本を読むときに気をつけること 1つ 他人の目が届かないところ、なるべく自室で読むこと 1つ 近くにティシュもしくはタオルと用意しておくこと 1つ バカになること、見栄や体裁は捨てること、思いきり笑うこと。(このためにも1人でいる時に読むがよ…

ケルベロス第五の首

綿菓子みたい。 曖昧模糊。捉えどころがない。なのにべたつく。 読み終わったはずなのに、読み終わった気がしない。 確かに最後の一語まで読んだ。読んだはずなのに。 ケルベロス第五の首 (未来の文学) 作者: ジーン・ウルフ,柳下毅一郎 出版社/メーカー: 国…

ガタカ

セピア色の未来。 懐かしさを感じる、けれどここではない世界。 そこはぼくたちがまだたどり着いていない未来。 でも、ぼくたちのなかにある世界。 静かなSF映画。ジャンルで区分すればSFだけど分ける必要ない。 そんなSF的な要素はガジェットとして組み込ま…

スミス都へ行く

相も変わらずのフランク・キャプラ映画。喧々諤々の議会での演説や討論が見どころ。英語での怒声や哄笑、迫力あります。大の大人が唾散らして必死に論を振う姿はどこか滑稽ですが、魅力あり。そしてなにより脇を固める役者がいい味出してます。主役のスミス…

食らえ好き好きハリケーン

一方的に、おススメだ、と言って押し付けるように、強制するように映画や小説、音楽を、創作物の名前を出すことに抵抗はある。それはおススメされた相手のことを何も考えていないのと同じだから。それでもしたくなっちゃう時あるよね、てへ。 だからおススメ…

METAL GEAR

メタルギアソリッド ガンズ オブ ザ パトリオット ゲームのノベライズは読んだ経験もないし、興味もない。ゲームそのものをやればいいと思うし、ゲームでしかわからないことが山ほどある。わざわざ小説にしたものを読む必要はない、ゲームをやれば済む話、と…

戦争と平和 

名前は誰もが知っている。 しかしその中身、その極厚の本の内容となると、皆ぼんやりとしか把握していないのではないだろうか。だってめちゃめちゃ長いし、めちゃめちゃ疲れるし、これを最後まで読み通す気力を持ち続けるのは困難ではないか。 題名は強烈、…

「屍者の帝国」映画感想

公開初日朝一番で観に行っといてなんですがつまらなかったです。つまらないというより退屈でした。退屈ですけど楽しめました。 この映画は娯楽映画です。それ以外ではないです。ただの娯楽映画です。何かのメッセージ性だと訴えかけるものだとかは一見ありま…

いざ、「屍者の帝国」へゆかんとす

我々が死者に安らかであれ、と願うのは何故だろか。 それは死者が往々にして安らかではないからだ。 と著者のひとり伊藤計劃は色々なところで言っている。伊藤さんの最後の作品となってしまったこの作品。 プロローグは死者が、この話では屍者と呼称される、…

心が叫びたがってるんだ。の感想

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない、の監督の最新作 "心が叫びたがってるんだ。”を見てきた。 軽くバレンティンしてます。 あの花と言えば月9かなんかで今ドラマ化されているらしいし、アニメが門外漢な方でもその名前ぐらいは耳にしたことがあるので…

Mって何さ

下手な官能小説よりエロティックじゃないんですかコレ(官能小説読んだことありませんが)と毛皮を着たヴィーナスを読んで思います。 何でもマゾヒズムの語源はこの著者のレーオポルト・フォン・ザッヘル=マゾッホから性科学者、初めて聞いたぜこんな科学分…

女たちよ!

言っておくけれどぼくが女性に対して含むところは、今のところない。「女たちよ!」というのはそういう題名の本です。とても面白いです。 映画俳優であり、デザイナーであり、エッセイストであり、映画監督でもあり、翻訳もし料理も上手。そんな伊丹十三が著…

シェイカー

近くに住んでいた時は気づかなかったけれど、合羽橋は楽しい。 今日の目的はシェイカーを買うこと。シェイカーってバーテンダーがシャカシャカふっているあれ。そのまんまの名前だなぁ。皆あこがれたことはあるのでは? この前バーに行った時、本格的(何が…

ヴィンセントが教えてくれたこと 

ブログで色々感想書いていきますが基本ネタバレあります。 ナオミ・ワッツでべそだなぁ!最初、色気も何もないベッドシーンから始まる。 歳の離れた友情物語、は互いが互い(老人と子供)に与えるものがあって、自分を振り返り、見つめ直すところが見どころ…

はじめに

色々な人や物からの影響で始めることにした。 友人が始めたのが一番大きいかな?自分もやってみようかな、となったし。 そうでもなければブログなんて、と以前まで思っていたのでおそらく触れることもなかったんじゃないかなぁ。 ではさっそく書いてみること…